2004年04月19日

まず1レベルからはじめよう

 今までRPGを遊んでこなかったわけじゃない。
 でも。
 いつだって、先達がいた。
 判断に迷って一瞬立ち止まると、いいタイミングで助言が来る。
 必要なデータがどこにあるかわかんなくなっても、
 自分で探し当てるより早く、誰かがすばやく数値を差し出してくれる。
 そのとき遊ぶだけなら、そのとき楽しいだけならそれでいいけど。
 ……でも、考えてみると、私ルールブックろくに読めてないじゃん。

 ……というわけで、そこそこ遊んではいるものの、実はキャラクターの技能にしろ行動時の判断にしろ、ひとりじゃできないんじゃないか、それはひょっとして、ゲームの面白い部分をかなり取り落としてるんじゃないか、と気付いたプレイヤーが二人。
 PCを1レベルからゆっくり育てながら、自分たちだけで判断して、自分たちだけでルールブックを読んで、ゲームのゲームたる部分に親しんでいこう、というコンセプトでキャンペーンを開始しました。

 いつもの面子で遊ぶのは充分に楽しいけど。
 自分のペースでルールブックの記述を探して、慣れない判断でもちゃんと自分で下して。ゆっくり・のんびりペースでプレイしよう、ということで、今回はPLは「ルールブックを読む速度が似たような感じの」二人だけ。

 とりあえず、身の丈から・わかるとこから・1レベルからはじめよう。
 
 ……ってことで、このキャンペーンは始まったのでした。

 使用システム:D&D3rd(日本語版準拠)
 DM:D16
 PL:なおなみ、たきのはら
posted by たきのはら at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[渡竜DM]まずは最初に
Excerpt:  さて、 http://blog.seesaa.jp/tb/113772  とありますように、PCふたり、足並みをそろえてのキャンペーンが始まりました。面子には必殺ログ切り人の「滝野原」女史、Phot..
Weblog: D16’s 全滅寸前日記
Tracked: 2004-04-27 06:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。