2005年07月26日

Content: English Session1...Strangers at the Ruins

 というわけで整理用に目次。
 English Session第1回「Strangers at the Ruins」です。
 なお、表題とか章題とかは私が雰囲気で勝手につけてます。
 ので、他によい言い回しがあったら差し替えますので、ご意見等お待ちしてます♪>参加者ALL

Prologue...Tempest
Act1...Slave Market
Act2-1...Enslaved People
Act2-2...Secret Meeting
Interlude
Act3-1...Into the Ruins
Act3-2...Enemy or Friend
Act3-3...Freedom!
Epilogue

今回はこんな感じで……

なお、最後になりましたが、今回の参加者と使用システムは以下のとおりでした。

使用システム:D&D3版(一部3.5版も混じっていましたが、そのあたりは構わないとのこと)

DM:Nickさん

PL(PC):
「護衛船」卓
ビーエムさん
(“ヤブニラミの”ヒデキ:ローグ/水夫
 顔に大きな傷のあるヤブニラミのハゲ。ダミ声。盗賊としての腕はイマイチだが、作戦を考えるのは得意)
フリントさん
(イチロー:ファイター/護衛
 《Power Attack/強打》、《Cleave/薙ぎ払い》を持つ、パーティ唯一の“普通の戦士” 頼りになる男。勇猛果敢)
チョモランさん
(ヒロシ:ファイター/水夫
 《追加hp》が光る、超絶タフ男。荒くれ者)
ハタモリさん
(マサムネ:ファイター/水夫
 《Endurance/持久力》、《Track/追跡》がレンジャーを連想させる、これまたタフガイ。昼行灯)
田中さん
(ヤマノコウジ:ファイター/召使
 陽気なお調子者。パーティのムードメーカー)

「姫君の御座船」卓
フェルディンさん
(“風車の”弥七:ローグ/貴族
 お貴族様としかいいようのないお貴族様。戦闘になって戦えば俄然「きちんと教育を受けたもの」の強みを発揮するのだがいかんせん……。『金持ち喧嘩せず』な人)
sakiさん
(弥生:ローグ/水夫
 水夫に化けて船に乗り組んでいた勝気なお庭番。弓の名手。何事にもためらわない凛々しい娘)
あくあさん
(ハジメ:ファイター/護衛
 勇敢な男。パーティのために命を危険に投げ出す。命知らずの好青年)
たきのはら
(ユキ:ローグ/召使
 口先から生まれてきたような小娘。心にもないことを言うのが大得意)

(なお、「護衛船」の面々およびハジメの紹介文はビーエムさんの文章をお借りしております)


posted by たきのはら at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Content(English Session!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers at the Ruins: Epilogue

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文チェックをかけておりませんので、英文の正確性についてはまったくもって保障できません。すみません。

We took the slaves to their home village and set off to the order’s castle with Jason.
Jason told us that after preparation we would come back to the ruins and clear here up before “All Father” send another of his princes.

Anyway we got to the castle (…with 2000 of gold pieces and several magic items that we found in Halin’s mansion).
The castle of The Order of the Morning Glory was a well defended fortress also. It was located on the top of the 300ft of cliff. The behind of the castle was guarded by steep mountains, and at the foot of the cliff, a great river was flowing.
In the castle, we met many people. Almost 100 people were operating the castle. Knights with their armors, horses, armorers…even there was a wizard’s tower.

And we met two important knights. The elder was Sir Throne and the younger was Sir Luck.
Sir Throne said to us.
“Welcome, amazing heroes from afar! I heard about you from Jason. You are looking for your princess named…”
“Kyoko. Princess Kyoko”
“Yes, she has been taken to the palace of “All Father”. At the palace, there is a harem. “All Father” gathers 500 of princesses in the harem. I heard about princess Kyoko. Now she is alive. And untouched.”
“Untouched…!!”
I felt an unspeakable relief.
“All Father” has great harem.” Sir Throne continued. “He gathers over 500 of princess to make princes. But…strangely enough, he is too old to…it’s hard to explain, but anyway, he makes princes in someway with these princesses.
But, anyway, she is untouched. Because the tattoo that inscribed on her was “The innocent”. So “All Father” couldn’t touch her”
“Do you know about the old man who inscribed us tattoos?”
Hideki asked but the answer from Sir Throne was “No”.
“I’m sorry but no one in this castle knows about him. But he must be in our side. We must search him because if he has magical power, he must help us. We are fighting against “All Father” and we need help. So we have to do several things. We must search the old man and must find your countrymen also.”
“Our countrymen?”
“Yes. If the old man tattooed you all…not only you but all people with you…about 100 of your countrymen, there must be other people with magical tattoo. They will help us.”
“That sounds so reasonable!”
Hideki said.
“After we become strong enough, we’ll attack “All Father” and defeat him!
So we will train you. Not only for your swordsmanship. In this castle, there are all kinds of people. Clerics, wizards…and so on. I think, some of you may have magical talent.”

I really don’t know I have talent or something, but anyway…
The adventure has just begun.

Backstage
posted by たきのはら at 23:39| Comment(6) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers at the Ruins: Act3-3...Freedom!

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文チェックをかけておりませんので、英文の正確性についてはまったくもって保障できません。すみません。

Outside of the ruins, there ware many guards. As soon as they saw that we wore armor, they rushed to us.
“Don’t worry; it has a reason…down your weapon!”
Grog said. Over there, Halin was coming. He said, “What has happened, Grog”
“Nothing, Mr. Halin, nothing…Go!”

We descended on the guards. Surprisingly, Yahichi killed a guard at his first single attack.
“You see, “a clever hawk hides his pounces”…” He mumbled.
Anyway, we were caught in a straggle. There ware larger number of guards than us. Hideki was given good hits but he fought with bloody face. “Help me, Yayoi, heal me!” He shouted but he didn’t stop his fierce fighting. “Quick! I almost die!!”
Yayoi rushed to Hideki and heal him. “Hideki, you know, you are still in danger! Yahichi, give him your potion…!!”
When Yayoi looked back to Yahichi, she saw that Yahichi was drinking the second bottle of potion. “What are you doing!?” “I’ve just saved my life, you know, because I was injured and…”
“Yuki! Pick up the third bottle from Yahichi!”
Yayoi shouted to me.
“Hideki needs it!”
“Enough, Yayoi”
Hideki said. “I’m a diehard. Don’t worry!”

At the other side of the battle line, Ichiro fought an unnatural fight. When he was fighting, dark mist came from between his fingers. The mist surrounded the fighting guards and Ichiro…Two seconds later, one guards killed by his blinded friend’s sword. At the next moment, Ichiro charged into the dark mist. He killed a guard with single stroke and cleaved another.

We are getting upper hand of them. Actually I was nearly killed…but the third bottle of the potion helped my life. Grog hit Halin and literally launched him into the air.
“Surrender and drop your weapons!”
Yahichi shouted and all surviving guards stopped to fight and surrendered.

During we tied up Halin, Jason kicked away the door and came out.
“You have done? You have finished all? Sorry, I’m too late”
Jason said.
“What amazing hero you are!”

There were many slaves surrounded us at a distance.
Hideki shouted to them.
“You all are free now! Let’s go! Let’s go home!!”

Backstage
posted by たきのはら at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers at the Ruins: Act3-2...Enemy or Friend

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文チェックをかけておりませんので、英文の正確性についてはまったくもって保障できません。すみません。


We came back near to the entrance…and we stopped.
Grog was coming with his men. He was searching us.
“Where are you…You should be coming out now!”
We heard Grog’s voice.
“Master Grog!” Hideki shouted, “Our work was fine”
“Good, but it’s end of the day…Come out!”
“Yes, Master.” Hideki shouted to out and said to us. “Okay, we have to hide in this ruins. Spider boy! You go up and stay on the ceiling. You just wait the half ogre and attack him from the top.”
“Sure!”
Yamanokouji grinned in delight. He so enjoyed the idea.
“And I’ll hide here and command you! It’s so natural because…”
“You’re a noble, your highness”
Yahichi said and someone answered sulkily. No one could argue. Anyway he had no weapon.
“And you go and rope Grog into here, you, smooth little lady.”
Hideki said to me. That was natural. It’s no matter how I smooth or not, I’m the only person without armor.
“Okay” I nodded and ran to out.
“Master Grog!” I shouted. “We found! We found great magical item but it was too great to bring up!! Master Grog, please come and help us!!”
“What? What kind of…”
“I don’t know, but it is so big and shining…”
I shouted and ran back into the ruins. Grog followed me and…

I stopped and looked back when I heard Grog’s angry exclamation. He caught in our trap. Yes, he was strong. But we were nine (no. eight. Yahichi never came into the scene except his voice)! When Grog fell down, we all stand except Yayoi. She was hit him with big club and fly off for 20 ft. But there was no problem because she was still breathing. Yahich threw me a bottle of potion and said “Use the potion for Yayoi!” I didn’t know what a kind of potion that was, but gave her the potion, hoping it had healing power. Anyway, she opened her eye. So I knew that things turned out right.

After a moment, I noticed that the six men of Grog were running out!
“Come on! Don’t let them go!!”
Hideki said but “No!” I shouted. “Outside, there are too many guards for us to manage to fight…” “But what we can!?” “No, I don’t know but…” We had to stop the guards but we could do nothing, but we had to…I wanted to stop them but I had no idea. I didn’t know what to do but I REALLY wanted to stop them but…
At the moment, a lot of vines came from the wall and entangled six guards. And my tattoo was glowing! “The green thumb” meant that!

So we rained blows on the guards, took away their weapons (at that time, Yahichi got his weapon at last. Yayoi and Hideki got light cross bow and arrows for them each) and tied them up.

Next, we turned to Grog. We tied up Grog also.
“Wake up!” Hideki kicked Grog. “Prepare to die”
Grog opened his eye and looked around. When he saw Yayoi, he growled with a surprise.
“Why the hussy is alive? I gave her good hit!!”
“You just dreamed”
“And where did you find these weapons and…”
“Secret. Listen! We want to kill you Grog.”
Hideki intimidated Grog.
“We really want to kill you, but if you tell us all about…”
“Okay…okay, speak calm”
Grog said. “What do you want to know?”
“We want to know…”
Hiroshi started instead of Hideki. Surprisingly enough, then he started in Ogre language!
“How many other guards are outside?”
“A lot. Oh…you are speaking in ogre! You are so smart! You have big brain in such a small head!”
“My head looks small, but my brain does everything. Okay?”
“Or are you ogre too?”
“Yes, blood of ogre in my body gave me extraordinary toughness, anyway…”
“Oh, such a small size you are, you are half ogre also! Great! Okay brother, what do you want to know?”
I guessed we lucked out. Anyway, we continued.
“Where is the thief last night you caught?”
“He is in the prison in Halin’s mansion. But why do you care about the thief?”
“It’s not your business Grog. Next. Do you know Stomp?”
“Stomp? He is a prince. One of the princes of “All Father”.”
“What do you think about Stomp?”
“He is tough. Very tough. No one, even me, can beat him up. Because he is a prince of “All Father”. He rules the all over the country. But, actually, there is something strange. The all princes of “All Father” are somehow twisted”
“Twisted?”
“Yes. Before, I saw one of other princes who called “Cattlehead”. Anytime he wears his big helm…”
“And what is twisted about Stomp?”
“He is very cruel. He kicks people and…”
“Do you like Stomp?”
Grog just shrugged his shoulders.
“Anyway, we want to beat down Stomp”
“Beat down? You want? Ha-ha, good luck”
“Thank you, and I have something to tell you”
Suddenly Yahichi started to speak.
“If you will come with us, I’ll pay you a lot”
“Do you?”
Grog laughed. “How can you…”
“Yuki! We have to help Yahichi!”
Yayoi breathed out me and started.
“Yes, Grog…to tell the truth, he is a noble. He is tremendously rich and…”
“And he is very good man. Unfortunately, now he is here, but if you help him to go back our country, he’ll appreciate you and give you a lot of money”

At last, Grog said he will help us. So we healed him (Yayoi said “how kind of me!” and laughed) and gave him back his weapon (that was great club) explained him about today’s plan--go to Halin’s mansion and save Drag-Jason--and went out of the ruins.

Backstage
posted by たきのはら at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers at the Ruins: Act3-1...Into the Ruins

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文チェックをかけておりませんので、英文の正確性についてはまったくもって保障できません。すみません。

At the next morning.
We nine went down to the 7th floor in the basement of the ruins. The map was accurate and we reached the 7th floor without any danger.
But…

We saw a fearsome sight. At the corridor front of us, there were strange contraptions. Every 10 ft, arrows of lightning crossed the corridor. So we couldn’t get forward anymore.
“There must be a switch or something to stop this aggravating contraption!” Hideki said. So we looked for “a switch or something”, but we couldn’t.
“The switch may be located the opposite side of the corridor,” said Hajime. “I’ll go and find the switch. Electrical shock can’t damage me!” As soon as he said, he started to run. No one could stop him.
Lightning shoot Hajime, but Hajime never stop. We saw a dim sphere of rainbow colored light surrounded around Hajime.

“I found!”
After a moment, Hajime shouted to us. “I found twelve buttons on the wall. One of these buttons must be able to stop the lightning!”
That’s right. After a sequence of trial and error, we found correct manner to push buttons and could stop the lightning. And we could go through the corridor.

Over the corridor, there was a small room. The map showed that there was a secret door. Thanks to the map, we found the door easily. But the door was locked. So we have to search the key for the door.
After several minutes, we found…not the key, but pieces of the key. The key was broken.
“I think Masamune will manage them” said Hideki. “Because his tattoo said he is a magical artisan or something”
Masamune smiled and took the pieces. One or two minutes…he fiddled with tiny pieces…and said “Finish.”

The newly-repaired key fit the lock and we could open the door to the armory.
The armory was a large and high-ceiling room. At the ceiling, there was a window and sun light shined in through the window. In the armory, we found a lot of weapons, armors and other stuff. Four long swords, tow short swords, two maces, four half-plate armors, four chain mails…there were three bottles of potion and a wand also. Even there was a dresser. So we could be decent.

We were nine, but there were only eight weapons and armors. So Yahichi said,
“I need no weapon, because I’m a NOBLE! You know, “Richman, no fight”. You all have to fight for me!”
“What a hell allow you to say such a pure nonsense!?”
I shouted. But Yahichi just said “I’ll take the potions and the wand as the master.”
“WHO is the master and WHO is YOUR servant? Anyway, Miss Yayoi and I have never been your servant! We served our princess…”
“Okay, okay that’s enough…”
Hideki stopped me and pulled me into a rank.
“We have no time. Listen, the trumpet is calling. The signal of the end of today’s job…We have to go up quickly!”
“And…”
Yahichi started to say something but Hideki took his words.
“I know, your majesty, you are heavily guarded…Let’s go up!”


Backstage
posted by たきのはら at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers at the Ruins: Interlude

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文チェックをかけておりませんので、英文の正確性についてはまったくもって保障できません。すみません。

At the midnight.
Suddenly I heard great screams and jumped out from my bedding. I saw Yayoi ran outdoors. I followed her.
Drag-Jason was chased by many guards. He was shoot and fell down as we watched.
“What happened?”
Yayoi asked to a guard.
“We caught a thief! Drag stole magical stuff, so we haul him off to Mr. Halin’s mansion. There is a prison”
“Oh…”
Yayoi just sighed. Too bad. I thought a second and chased the guards.
“Please,” I cried. “Please wait a moment. To tell the truth, my friend Yayoi loves Drag. Drag doesn’t know it, but she loves him. I know, Drag will be punished…killed by Mr. Halin, but if he die without knowing that Yayoi loved him, Yayoi must suffer sadness. Please, please let her see him and allow her to say “I’ve loved you” and “Good bye” or “God be with you” to him…It’s nothing trouble you. Please…”
He looked me in surprise…and said “Okay, but don’t take long time”.
So I ran back to Yayoi and told her to go to Jason and heal him.

Everything turned out okay.
Yayoi healed Jason. Jason appreciated her and said “I’ll sham being injured and infiltrate into Halin’s mansion. So, you all, go to the 7th floor in the basement, as we planned!”
Then we saw Drag-Jason off with pretended tears and weeps.


Backstage
posted by たきのはら at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Strangers at the Ruins: Act2-2...Secret Meeting

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文チェックをかけておりませんので、英文の正確性についてはまったくもって保障できません。すみません。


At the evening, Yayoi, Jason and I went to the shack that the men lived, pretended to just bring them supper.
“Actually, this man is not Drag,” I said. “To tell the truth, he is a knight who came to help us!”
“Yes, my name is Jason…” He started.
“I came from The Order of the Morning Glory to free the ruins.
Do you know the twelve grate warlords? This country is dominated by one of the warlords who called “All Father”. He is irredeemably evil and attempts to dominate all the Empire against our Emperor. He is collecting magical stuff for the preparation of heinous treason. So we have to stop it”
“That sounds great!” Hideki answered. “Yes, we’ll be free from these lousy ruins, then beat up Stomp and take back Princess! Do you know Stomp, Jason?”
“Yes, he is a prince of “All Father”. Did he do anything?”
“He bought our princess as a slave.” I cried.
“So, your princess must be at the palace of “All Father”, I think.” Jason replied. “If you want to save your princess, you have to go to the palace.”
“So, the palace is our final destination!” Hideki said. “But at first, we have to be free.”
“That’s right.” Jason continued. “So, I’ll help you. And I’ve found a map of…I think provably I found a map of armory. But the map is written in ancient language, so I can’t read it exactly”
“Would you let me see it?”
Hiroshi said suddenly.
“I can’t tell why, but I feel I can read it”
Jason handed a map to Hiroshi and Hiroshi started to stair the map…
“I understood!”
“Magic!!”
Hiroshi and Jason shouted at same time.
“The armory is located at the 7th floor in the basement of the ruins…”
“Look at the tattoo on his shoulder! It’s glowing…It must be a magical tattoo!”
“I think so.” Hideki said.
“In this afternoon, I found a coin in the ruins. I knew it had magical power. I didn’t want to give the item to Halin…so before I through the arch of magic detection, I put the coin in my mouth.”
“What happened?” Jason asked.
“Nothing. Nothing has happened. The arch never beeped and I could keep the magical coin. Just my tattoo was slightly glowing. So if the tattoo has magical power, I think my tattoo has something related in magic.”
“You’re right.” Jason answered. “The tattoo on your shoulder is a rune and it means “The magic”. You all must have magical tattoo like him, don’t you?”
Of course, we all were inscribed a tattoo by the old man.
Hiroshi’s rune meant “The mind”. He could understand any language.
Yamanokouji’s rune was “The spider”. He said that he could climb straight wall and even could move the surface of ceiling.
Ichiro’s rune meant “The darkness”. He said he became to be able to see clearly even in gloom. “Yes, I can fight even in darkness, but it is owe to my “soldier’s instinct”. Before, I can’t see in twilight.”
Masamune’s rune meant “The creator”. So we thought he must have an amazing technique as an artisan or something.
Hajime’s rune was “The stormlord”. We had little idea about the rune, but he said his body became immune to electrical shock. “When I was working, a guard came and cracked down the men around him with a whip. I was beaten also. The whip had somehow electrical power. I felt it, but the electricity couldn’t hurt me. The guard shouted “What a creep!” and ran away.”
“They said exactly same words to me.” Yahichi “the noble” said. “I’ll show you…sit down!” He said to Jason, and Jason sat down as he said.
“I can order a parson. It’s so natural, because I have blue-blood. My rune means…”
“It means “The dominator”, your highness”
Hideki said amusedly.

Yayoi’s rune meant “The healer”. So she must have somehow healing power.
My rune meant “green thumb”. We had no idea about the power of my rune.

Anyway, we planned about the rebellion.
“Tomorrow, we’ll go to 7th floor in the basement and get weapons and armors.” Jason said and we nodded.
So we went back to our dilapidated hut and waited the next morning.


Backstage
posted by たきのはら at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

DAC初日・事前予約のお奨め

 英語レポート連載の途中ですが、ちょっと中断してDACスタッフからお知らせということで。

 現在私がお手伝いさせていただいている『D&D翻訳20周年記念コンベンション』DACですが、思った以上にPLのご応募をいただきまして、初日はすでに定員の過半数の応募をいただいています。
 卓決定は当日のDM紹介を聞いてからでもかまいませんので、参加を希望される方は参加予約だけでも事前に行われることを強くお奨めいたします。

 くわしくはDAC公式サイトをご覧下さい。

 すみませんー、初日は会場が小さいホールしかとれなかったため、定員が少ないのです……
 遊ぶつもりで期待していらした方をがっかりさせるようなことにはしたくないので、予定が立つ方は、事前予約のほう、どうぞよろしくお願いいたしますーm(_ _)m

 それにしても、これだけご予約がいただけるというのは、それだけ楽しみにしていただけてるということで♪スタッフとしても気合が入ります。

 あと1ヶ月と少し。
 頑張って準備いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by たきのはら at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

Strangers at the Ruins: Act2-1...Enslaved People

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文の正確性についてはあんまり保障できません。一応チェックはしてもらってるんで文法は問題ないはずですが内容は……もとの文章がもとの文章だからなぁ(滝涙


At the ruins, we met a man called Halin. He was the chief of the people in the ruins. He told us to dig out magical stuff from the ruins.
"What stuff do you want?" Someone asked.
"Anything and everything!" Halin answered. "If you work hard for 20 years and satisfy me, I'll make you free. Go down into the ruins and bring me anything you find!"
He pointed an entrance of the ruins. There was a stone arch. A man was coming from the ruins with something in his hand. He came through the arch. The arch blared in a strange sound. A guard--there was a lot of guard with spear and crossbow in the ruin--came to the man, and the man handed on something to the guard. Then, the man went back to the ruins.
"You see, we can see if you have magical stuff. If you ever try to trick us…"
Halin grinned. "You shall die."

The guards deprived everything except their breechcloth from men and choused them into the ruin. Yahichi cried "I'm a NOBLE! I've never held anything heavier than chopsticks!" Of course, it was no use. Yayoi and I were told to go to the kitchen and cook for them.

The all foods in the kitchen were not so good. No, to tell the truth, they were really bad. They were almost spoiled and the smell was awful. And the foods they gave us became worth and worth. One day, when we were making effort to cook something, a guard came into the kitchen.
"It's stinky!" He said. "Can't you cook foods for human being?"
"We can't," I answered. "We can't cook anything with such spoiled foods! If you want us to cook better meal, would you give us better foods?" He looked sharply at me, but I continued. "I'm not talking for myself! With such foods, males also can't work well. Good worker needs good foods! If you want…" I couldn't finish. He just shoved me away.
"Wait!" Yayoi said sharply. "Please borrow me bow and arrows or something. I'll go hunting and get fresh meat!"
"No kidding!" The guard scoffed at her. "We can't let you go out. You'll run away."
"No! I never think about…" Yayoi argued but the guard just laughed at her.
"If you can't believe us," I said. "You may tell your men to go with her! Anyway, we need better foods. Otherwise…"
"Okay!" At last, the guard said. "She can go hunting. But you, little girl, you must stay here!"
So Yayoi went out with a guard who called Drag.

One hour later, she came back with Drag. They came into the kitchen. Yayoi said to Drag "You have to wait us outside of the kitchen. Please pretend as if you are just overwatching us."
Drag nodded and went out. Then Yayoi smiled at me and said…

(Yayoi's story)
To tell the truth, the man isn't Drag. He is just disguising. He is a knight.
He is so strong and clever and…handsome…anyway he may help us. Yes, I'll tell you. As soon as we left the ruins, Drag told me to love him. Of course I just ignored him. Anyway we walked around…and found tracks of a horse. I followed the tracks. Several minutes later, I caught a sound. An armored knight was hiding behind the tree. He made a sign to me to be quiet and killed Drag with only a single attack. The knight is the man whom I came back with.
His name is Jason and he came from The Order of the Morning Glory. They want to free this ruins. But to carry out their mission, he has to infiltrate into the ruins. So he went under cover as Drag by the power of a magical scroll, and came here with me!

"So, can he help us?" I asked.
"Yes," Yayoi answered. "He said he will help us and he needs our help also!"


Backstage
posted by たきのはら at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

Strangers at the Ruins: Act1...Slave Market

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文の正確性についてはあんまり保障できません。一応チェックはしてもらってるんで文法は問題ないはずですが内容は……もとの文章がもとの文章だからなぁ(滝涙


The name of the city was Chainwall.
But it was not so important, because anyway, we all were sent to a slave market
directly. The city was totally strange to us. All buildings were built with
stones and the people were talking in a language totally strange to us. At the
slave market I and other girls felt as if we were walking on thorns and sobbed
in anxiety. Then someone came and talked to us. An old man with long white
beard.
"Daijoubu, daijoubu..."("Don't worry...")
He spoke our language! He soothed us, but after that he inscribed a tattoo on
our left shoulders. Even princess Kyoko was also tattooed. I thought that I’
ve just been branded as a slave. But strangely enough, when the chieftain of
the pirates noticed our tattoo, he got very angry. He knew nothing about the
old man and the tattoos he inscribed on us.

Anyway, we were sold.
Stomp is the name of man who bought our princess. In this city, almost all
rich males have their armors on, but he wore no armor. I hoped to go with my
princess, but of course, I couldn’t. I was bought by a half-ogre named Grog.
I was thankful for small mercies, because Yayoi was also bought with me.
Hajime and Yahichi were also with us. And there were other people from the
escort ship.

>From the escort ship...

Ichiro: He is also Samurai and one of the guards of princess, like Hajime. People say he is very strong and so brave, and he is the daredevil of the royal guard.

Hiroshi: A sailor. So tough and so rowdy man. But I have to say he is so clever and smart despite his rough looks, because he was the first man who understood the language of this country.

Masamune: A sailor. He appears as a gentle person. He speaks unemphatically anytime...but he is tough also. Tough and tireless and have somehow an artisan spirit...

Yamanokouji: He was a kitchen-boy of the escort ship. He is an "upbeat cheerful personality", and a really good guy. That’s not all. I think he’ll become a good sailor, because of his good fistfighting skill.

Hideki the cockeye: He is also a sailor. He told me that his name means "the hope of the land of rising sun"...Anyway, he is a scar-faced, cockeyed and horse-voiced bald guy. He has very practical mind and so clever. So I don’t mind if he sometimes steps off the stairs just like as I do.

Grog told us just to walk.
We had to walk a long, stony and tiresome way and Grog and his men choused us rowdily.
Luckily, no one fell down during the terrible journey.
Anyway, we all got to the destination alive.
We saw big ruins. Ruins spreading on and under the ground.


Backstage
posted by たきのはら at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

Strangers at the Ruins: Prologue...Tempest

注:以下の英文は7月10日に行った「英語のみでD&Dを遊ぼう」という企画のレポートです。形式はいつもどおり「本文に物語・裏側(Backstage)にゲームの話」。せっかくの英語企画なのでレポートも英語にしようという酔狂な試みです。なお、英文の正確性についてはあんまり保障できません。一応チェックはしてもらってるんで文法は問題ないはずですが内容は……もとの文章がもとの文章だからなぁ(滝涙


Once upon a time…
There was a big Empire.
It was called “Empire of twelve Katana”, because it was ruled by twelve great warlords. The warlords fought against each other, and the countries in the empire were dominated by violent people like bandits. But the Emperor and his family stopped the war and brought peace to the land. The peace lasted for 200 years…

***


My name is Yuki, a chambermaid of princess Kyoko. We have just left our homeland to take princess Kyoko to the Great North Temple for her ritual pilgrimage. Lots of people departed with us to guard and take care of the princess. On our ship, there are…

Princess Kyoko: Our mistress

Yahichi the Pinwheel: A Noble. He is a scion of a famous ninja clan and came to guard our princess. I think he is too proud of his lineage. By the way, he said that we have to pronounce his name “Yahichi”, not “Yashichi”, because he is an Edokko.

Yayoi: She disguises herself as a sailor, but indeed, she is one of special guards called Oniwa-ban. We became friends during the voyage.

Hajime: A young handsome Samurai and one of the princess's guards. His position is not so high, but anyway, he is so handsome. And also other people say that he is a fearless soldier.

Yuki: Me, one of the princess's chambermaids. Just an ordinary girl.

...and so on. On the other ship, a lot of sailor and the princess's guard were aboard.

After ten days of voyage, weather changed suddenly. Tempest! It wasn't a normal storm. Destructive windstorm and tidal waves rocked our ship and I was almost thrown into the sea. Lucky for me, Yayoi, Hajime and Yahichi caught me.

Three days passed. The tempest still continued. Almost all the people
(including me) caught sea sickness.

The tempest lasted for seven days. Fortunately, we were still alive. But we all, except Yahichi, became too weak to stand. And we saw pirate ships coming.
There were almost 200 pirates! And for us, only Yahichi and one another soldier on the other ship can fight.
“I'll kill 100! You two can kill 50 each! That's all and no problem!!”
Someone shouted, but he never stood up, because he also was in severe sea sickness.

So, we all--including princess Kyoko--were caught by pirates and brought to a strange city.



Backstage
posted by たきのはら at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

とある無謀なココロミ

 とりあえず言い訳ぐらいは日本語で。
 でないと気が違ったかとか思われかねないし。

 えーと、全て英語のセッション、というのをやってきました。
 DMは英語学校の先生……というかESL TeachingのSkillをお持ちだというNickさん。
 PLは「英語でセッションができる」「ゲームで英語の勉強(というか実践)」というのに惹かれた9名。

 あれこれあって、「戦いはこれからだ」となったあと……
 誰かが私のこと指して言うわけだ。

"So after the session, she will write play report in English!"

 待てこら。

"That's good! So I'll be able to read the report..."

 だからちょっと待て。
 たしかに事前に「まさか英語レポとかいうコワい宿題はないですよね?」「おお、あるんですかレポート。楽しみにしてますよー」「……わかりましたやりましょう。勉強にもなるし」ってやりとりはありました。ありました、が、セッション開始後10分くらいで、
 「ちょっとまずいッス、異国の言語しゃべりながらゲームやるだけで精一杯ッス、レポートはちょっと勘弁ー」
 と宣言して、宣言どおりメモ録りも放棄してたんですが……

 いや、人間いちど自分の口から出した台詞には最後まで責任取らなきゃならんってことですね。結局書くことになりまして、大慌てで日本語メモだけ怪しい記憶から再生したところ。

 てなわけで、こっから先、ちまちまと英語でレポートをあげてゆきますね。
 なお、英語が正確である保障はまったくありません(滝涙
posted by たきのはら at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | English Session! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

DAC・PL募集開始……とか

 ええと……ここを見に来てくださるような方はもうみんなご存知なのかなぁ……
 今年はDungeons & Dragons翻訳20周年記念!ということで、記念コンベンション(Dungeons & Dragons 20th Anniversary Convention in Japanということで、DACなのです)を開催することになりまして。

 で、私、今回は事務方でお手伝いさせていただいてます。
 今回はセッションに参加してレポート……どころではなさそうなのが残念。

 DM紹介も出そろい、7月1日からはプレイヤー募集を開始しています。
 ので、ご興味のある方、ちょっと見てみてくださいな。

 詳しくはDACサイトまで。

 ……本当はもうちょっと早い時期に宣伝記事出したかったんだけど……レポートがあがらなかったんだよう(涙
posted by たきのはら at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

シリーズ第5回『楽しい我が家』目次

 『楽しい我が家』目次。
 まぁ、この項目数を見る限りでは、書くのに時間かかったのもしかたないかも……という気分にちょっとなります。
 物語的な描写が凄く多かったから、ほとんど無編集でべったり書きたくなっちゃったんだよね。というか、『渡竜』キャンペーンはD16DMのセッションの中でも相当に物語的描写が緻密なんだよな、と、今更のように。

その1:卒業はするけれど
その2:世の中そんなに甘くない
その3:街へ出る。
その4:冒険者小路の人々―本屋の場合
その5:冒険者小路の人々―タバコ屋の場合
その6:冒険者小路の人々―代書屋と通訳の場合
その7:冒険者小路の人々―本屋再び
その8:冒険者小路の人々―食堂のおばさんの場合
その9:学院の夜
その10:我が家への一歩
その11:荒事大掃除。
その12:黒いお客
その13:冒険者小路再び
その14:因縁の決戦
その15:楽しい我が家

というわけで。
どうぞごゆっくりお楽しみいただければ望外の幸せ♪
posted by たきのはら at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート目次(渡竜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ第5回『楽しい我が家』プレイ後感想

 うあ、長かった(笑
 いや、レポート書くのに1週間以上。48時間以内に第一稿仕上げがこれまでの目標だったし、ほぼそのペースは守れてきていたんですが、今回はあれこれと用事が重なったせいで、なんだか遅くなりました。でもまぁ、忘れる前に書きあがってめでたしめでたし、と。

 何か忘れてたらいけないので、気付いたことあったら書き足してくださいねー>なおなみさん&DM

 今回は、どうやらテーマはご近所アドベンチャーだったらしく。ウィチカPLのなおなみさんが「せっかく魔法学校にいるんだから、ハリー・ポッターみたいなのがやりたい」と言ってたのもあるのかな?いや、火山高や男塾にならなくてよかったです。というか学園ものというよりは豚小屋砦だったよなぁ、むしろ。珍妙な住民のみなさんの描写をじっくりと楽しみつつ、のんびりと遊びました♪

 で、とりあえず身の丈ふうシナリオを最後にウィチカは魔法学院を卒業。
 卒業試験に卒業したら学生として保護されていた部分が剥奪されるという現実に、と、なかなかアレな卒業っぷりではありましたが(苦笑

 そして、私達もウィチカの卒業を機に(というわけでもないでしょうが)、次回からは3.5版へ。これまでは3版でやってたんですよね。3版と3.5版の違いはこれからゆっくり比べようと思いますが、まぁ、ごちゃごちゃになるほど3版のルールに親しんでもいなかったので(まだあっぷあっぷ状態でした……少なくとも私は)、そんなに問題はないんじゃないかしら。

 というわけで、次回からは「ロバと天秤」屋@冒険者小路のウィチカとアルテア、ということで。お嬢さん冒険者(?)だった私らも、ちょっとは逞しくならなきゃ、ってとこかな?
posted by たきのはら at 18:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

シリーズ第5回『楽しい我が家』その15:楽しい我が家

 というわけで、三人――ウィチカ、カスガ、アルテア……は、どうにか宴のハイライト、舞踏会には間に合って学院に戻ってきたのだった。怪我もしたし、せっかくの首飾りは粉々になってしまったし(あとのたたりが恐ろしすぎるので、中からカシュクールの幽霊が沸いて出たときに首飾りは粉々に砕け散ったのだ、とウィチカは説明した)、カスガは随分悲しんでいたのだが、それもまぁ着替えて舞踏会の場に出てしまえばなんとかなるというもの。

 楽団が華やかに大円舞曲をかなで、夜空を彩る次々の花火。学院付きの神殿の神官さんたちが『祝福』の大盤振る舞いをし、あちらでは研究員達が学生の卒業を祝って『希望』の呪文をとなえ……

 ともあれ、終わりがよかったのだから全てを佳かったことにして構わないだろう、というのはウィチカとアルテアの意見の一致したところだった(まぁ、プロムの後の謝恩会でメルグラお見立てのドレスを着たウィチカにはまた別の意見も微妙にありそうだったのだが)。

 家の隠し戸棚からも相当のものが見つかっていた。
 金貨が800枚、琥珀の塊(見た瞬間、ウィチカはなんともいえないうめき声を上げた。そう、『蛇の縛り』の呪文には、500gpぶんの琥珀の粉が必要なのである)、巻物一巻、霊薬二瓶。まぁ、だいぶメルラに支払うことになるのだろうが、少しぐらい手元に残らないものでもあるまい。
 それに、あの薄暗い日の差さない家に明り取りや窓を開ける許可もとりつけた。巻物屋の店だったところではウィチカが魔法の材料を取扱う店に仕立て、その脇の小部屋はアルテアの薬草庫にすることにした。カシュクールの研究室だった地下室はそのまま研究室としてウィチカが使い、実験室に使っていた部屋は台所兼アルテアの仕事場に、そしてカシュクールが怪しげな儀式を執り行っていた奥の部屋は二人の寝室にすることにした(そういえば、驚いたことにカシュクールの家には寝室らしき場所がなかった。どうやら彼は『実験室の床で眠る男』だったらしい。その一点だけは尊敬するわ、とウィチカは真顔で言ったのだった)。
 
 秋にサフランを採った『薬草園』ね、手入れすればもっといろいろ育てられると思うの。そうアルテアは言った。あそこ、私が預からせてもらってもいい?
 ウィチカに否やはなかった。いくらここが冒険者小路とはいえ、アルテアの育ちを考えると街でばかり暮らすのは辛いだろう。あの薬草園と家の間を行き来してくれるというのなら、それこそどちらにも幸せというものだ。
 この先のことをいろいろ話しながら、夢は膨らむばかりなのだった。

 ……ところで。
 ひとつだけ、妙に薄気味の悪いことがあったのだ。
 件の『ネズミ』が粉々に砕いた細工物に刻まれていた、あの「ゆがんだペン」の紋章、あれはなんだったんだろう。
 図書館を使うのに料金が発生するようになってしまう――つまり在学生から卒業生に称号が変わる前に、大急ぎでウィチカが調べたことによると、あれは、世界の四方に存在し、この世に『悪』をもたらすとされる魔王のひとつ、西の魔王『秘識』の紋章なのだった。人の知識の地平のさらに向こう、人が触れてはならないとされる恐ろしくもおぞましい知識の具現。しかし、知識を追い求めるものにとってはそれは禁断のものではあっても確かに甘く豊かな果実に見えることもある――
 でも、あたしには関係ないわ、今のところ。
 つぶやいてしまってから、思わずウィチカは自分で自分の口を覆った。あたし、今、「今のところ」って言った?ってことは、いつかは……いいえ。そんな地平の果てなんか遠すぎて想像もつかないわ。


 卒業式には着飾ったメルグラが現れた。
 「ウィチカさん、今日は本当におめでとう……!!
 それで、ウィチカさんはこれからどうするの?やはりうちに帰ってきていただけるのかしら?」
 重々しいローブに角帽姿のウィチカ、大げさに義母と抱きあったあと、その腕の中から礼儀正しく抜け出し、にっこり笑って言った。
 「いいえ、おかあさま。
 あのお店にはわたしの居場所はないと思います。わたしがやりたいお店はおかあさまの理想とは違いますもの。
 わたし、独立して店を構えることに決めました。友達も手伝ってくれますし……」
 え、と思わず言葉を失うメルグラ。それはいったいどんなお店?

 「おとうさまがやっていたような店です。珍しい魔法の材料を仕入れて、そういうものが必要な方に売って……しばらくは学院の先生方がお客になるのかもしれませんけれど、ひょっとしておかあさまの役に立つようなことが、この先あるかもしれませんし」
 「そ、そうなの……ざ、残念だわ」
 「ええ、でも……同じ魔法屋同士とはいえ、売り物は全く違いますもの。おかあさまのお邪魔になるようなことはいたしませんものね」
 こぼれんばかりの笑みを浮かべるウィチカ。その隣に、アルテアがすっと歩み寄ってきて言う。
 「ウィチカさんと一緒に、これからお仕事させていただきますね……私は薬草やなんかを扱うつもりです。ひょっとしたらお役に立てるかもしれません。どうぞよろしくお願いしますね」

 ええ、そうですとも、若い人たちが独立心旺盛なのはよいことだわ、どうぞこれからもよろしくお願いしますねえ。
 気を取り直したように笑うメルグラ。どうやら親離れ子離れの儀式は終了したものらしい。

 その夕方。
 二人が片づけを済ませ、私物を詰めたトランクを馬車に詰め込んでいるところへ、ハンス教授が来かかった。
 「おう、ウィチカ、結局魔法屋をやるんだってな」
 「ええ、しっかり稼ぎますよ!ここの学院の先生達も顧客リストに入ってますからね。何かあったらご用命をよろしく」
 「おう、セガールやらオルドロンやら、随分当てにしてるみたいだからな。ろくでもなさすぎる依頼を貰っちまわないように気をつけろよ。
 で、屋号はなんていうんだ。なんだったら俺が決めてやろうか?」

 大丈夫、ずっと前から決めてたんです。
 そういってウィチカはにっこりと笑った。
 「『ロバと天秤』屋を今後とも、どうぞよろしく!」
 そう言ってぺこりと頭を下げる。

 どっと風が吹いて、馬車に乗り込みかけたウィチカの髪を舞い上げた。
 その中に、早咲きの花の香りをアルテアは確かに感じ取っていた。

 新しい我が家につく頃、春は、もうすぐ。


このシーンの裏側。
posted by たきのはら at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ第5回『楽しい我が家』その14:因縁の決戦

 そういううちに目の前で、カスガがオヤジに触れるのが見えた。
 なにをしたのか、オヤジ、ぎゃっと言ったきり、固まってしまう。
 「ええい、こうしちゃおられん、間違って命を奪っちまっても、許せよ」
 とんでもないことをつぶやくと『ネズミ』はものすごい勢いで走りこみ、あっという間もなく剣の柄をカスガの腹に叩き込んだ。一声うめくとカスガはくたりと身を折る。

 首飾りを取ろうと身をかがめる間もなく、首飾りからやせこけた男の姿が浮かび上がった。紛れもなくカシュクールの幽霊だった。どうやら魔方陣からあらわれた「ろくでもねえもん」が持っていったのはカシュクールの命だけで、魂のほうは上手いこと逃げ遂せてきたということらしい。
 幽霊が口を開いた。
 「いつまでも小煩い奴……とっとと去ね」
 そして、影のような腕を伸ばして『ネズミ』に触れる。『ネズミ』は呻いて二歩ばかり後ずさるが、「去ぬるのはそっちだ」と喚き返し、凄まじい斬撃を叩き込む。

 その一方、アルテアは目の前に立ちふさがるデーモン相手にてこずっていた。渾身の力で殴りつけるのだが、一向に効いたふうもない。それどころかどこが目か口かわからないような顔を突き出して、ずるずると迫ってくる。
 「ウィチカ、ウィチカ、こいつどうにかしてよ!!」

 ウィチカはというと、魔法で呼び出した蜘蛛人間にカスガから首飾りを外させ、ついでにカスガの身体を横丁に押し込ませと忙しかったのだが、アルテアの叫び声に気がつくと、すかさず呪文を紡ぐ。デーモンの足元が油びたしになる。たまらず倒れるデーモン。
 「当分そこでつるつるやってなさい。……これでいい?」
 「助かる!!」
 叫びながらアルテアはカシュクールの幽霊へと回り込む。邪魔なボンバルはフェランがせっせと横丁へ引きずり込んでいくところ。

 「さて、首飾りはもうこちらのものよ!!」
 幽霊と『ネズミ』、それにアルテアが三人入り乱れて揉み合うところに、ウィチカの声が飛んだ。蜘蛛人間から受け取った首飾りをスタッフの先で徹底的に叩き壊す。これで幽霊も消えるはず……と思ったのだが、これは怒りの形相もあらわに一声叫んだだけ。
 「何、違ったのか!?」
 「何よ、知ってるんじゃなかったの!?」
 『ネズミ』とウィチカの声が重なる。
 「こうなったら正面から叩き消すだけよ、いつまでも私達の家に居座ってるんじゃないわよこの幽霊男!!」
 跳ね上がるアルテアの声。
 ウィチカのマジック・ミサイルに『ネズミ』の斬撃。最後にアルテアのスタッフの一撃が幽霊を薙いだ瞬間、カシュクールの姿は消えうせた。

 ウィチカとアルテアがカスガを馬車に運び、手当てをしている間に、『ネズミ』のほうはボンバルを締め上げていろいろと聞き出したらしい。二人の前にやってくるとにこりともせずに言う。
 「幽霊というものは、この世に未練と拠り代があればいくらでも復活する。来い、カシュクールを完全に消し去らねばならん」
 どういうことよ、と問いただす娘達への返事はあいかわらず「お前達は知る必要はない」なのだが。

 ともあれ『ネズミ』は二人の家の戸を開けさせると、ものも言わずに地下室に駆け込んだ。そして、骸骨のぶら下がっている物入れに駆け込むと、凄まじい勢いで中のものを放り出し始めたのだった。骸骨ひと山をたたき出して何もないのを見届けると、つぎは剣の柄で壁を叩き壊し始める。止める間もなく壁にぽかりと穴があくと、そこに手を突っ込み、隠されていたものを次々と放り出し始めた。
 金袋、巻物、薬瓶……無造作に放り出されるそれを慌てて受け止める娘達。
 そしてついに『ネズミ』は、みつけたぞ、とつぶやき、ひとつの小さな細工物を取り出した。それはなにやら石碑を模したようなもので、ひっくり返すと裏側にはゆがんだペンの紋章と、それに何やら怪しげな模様がびっしりと刻み込まれていた。それを爪で――そのとき初めて『ネズミ』の爪が尋常でなくするどく尖っているのに二人は気がついた――削り落とすと、次にその細工物を床に放り出し、剣の柄で徹底的に砕いた。

 「これでよし、もう奴は復活しない」
 言うと、『ネズミ』はじろりと娘達をねめつけた。
 「魔法におぼれ、人の触れてはならぬ世界に手を出したものの末路はこんなものだ。お前らもこうなりたくなければ心するんだな」
 そうして、ちょっと待って、ちゃんとわけを話してよとアルテアが伸ばした手を振り払うと、あっという間に家から駆け出し、どこかへ走り去ってしまったのだった。
 


このシーンの裏側。
posted by たきのはら at 20:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ第5回『楽しい我が家』その13:冒険者小路再び

 黒い男が存する馬車が、がらがらと学院の門を通過する。
 馬車の中には二人の娘と狼。
 「お、お嬢さん、いったいこいつぁなんなんで!!」
 凄まじい勢いで鞭を当てられて、トトが悲鳴を上げる。
 「こいつめ、ロバまで口を利くのか!!」
 男が吐き捨てるように呻く。「魔法、魔法、魔法……いったい人が手を出していいものだと思っているのか!!」
 「やめて、トトに酷いことしないでちょうだい!!」
 娘達の抗議に、うるさいとっとと着替えて鎧をつけろとわめき返す。

 「鎧ならもう着けたわ。喚くばっかりじゃなくて、どういうことになってるのか教えてちょうだい!!」
 アルテアが怒鳴り返す。
 「そうよ。だいたいカシュクールとあんたはどういう経緯があったのよ!?」
 「そんなことはお前らには関係ない。とにかく、カシュクールは死んだ。その後、あの本屋のボンバルが貸した本を取り返しにあの家に入り込み、行きがけの駄賃に洗いざらいのものを掻っ攫った挙句、死体から首飾りを盗んで売り飛ばした」
 そうか、道理で。
 ウィチカがつぶやく。そういえば、カシュクールが死んでいた部屋で、ボンバルのオヤジ、なにやらそわそわしてたのよ。首飾りのことは自分から言い出したくせにね。やっぱりあいつクロか。ついでに地下の本をごっそりやったのもあのオヤジかしら。
 「それは違うだろう。ボンバルがやったのは地上階のものだけだ。地下に手を出したのは、ブラック・ロッジの連中だろう」
 「ブラック・ロッジ?」
 「死霊術を極め、最もおぞましい秘術に手を出そうとする輩の集団だ。人として関わってはならぬ連中だ」
 「……そう、ところであんた、何でそんなこと知ってるの?ボンバルが泥棒だとか……だいたいあんた、何者なのよ?」
 「魔法使いに名を名乗るほど愚かではない。俺のことは『ネズミ』とでも呼べ。……着いたぞ」

 いつの間にか馬車はカシュクールの店の前……いや、ウィチカとアルテアの家の前に来ていた。馬車から飛び降りると目の前には今朝の洟垂れ小僧。学院の制服を来た娘を見なかったかと声をかけると
 「うん、見た。人参のシッポぶつけても見向きもしない怖い姉ちゃんだった。お店のほうに入ってったよ」
 ええい、人にモノをぶつけるなといったろうに、とひとつどやして追い払っておいて、ドアの向こうの様子に耳をすます。と。

 聞き覚えのある雑巾をひっちゃぶくような悲鳴が聞こえた。
 道の向こう、本屋のほうから。
 「くそ、あっちか!!」
 『ネズミ』が叫んで駆け出してゆく。そういえば、さっきの小僧は「お店のほう」と言っていたが、どこの店に入ったか訊きそびれていた。なんてこと。
 後について走り出した娘達二人の目に映ったのは……大変に見苦しくおぞましい光景だった。
 本屋の裏口から途切れることなく悲鳴を上げながら転げだしてくる半裸のオヤジ。そして、その後ろから、何やら人を腐らせとろかしたような物体がずるずると這い出してくる。多分デーモンの一種だわ、とウィチカは口の中でつぶやき、ぞっとしてため息をついた。デーモンの後ろから、制服の上から例の首飾りをかけたカスガが目を吊り上げて走り出してきた。

 「……あの女、取り付かれたな。どうする?」
 『ネズミ』が問うた。
 「死なない程度にぶん殴ってちょうだい。気絶したら首飾りを取り上げて、それから治療するわ。いい、間違っても死なさないでよ!!」


このシーンの裏側。
posted by たきのはら at 19:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ第5回『楽しい我が家』その12:黒いお客

 地下は、要するにハズレといった風情。
 いや、風情もへったくれもあったものではない。綺麗に泥棒が浚っていった後だったのだ。机はあれど書見台に結び付けられているはずの呪文書はなし、本棚はあれど中身はなし。壁にうがたれた物入れは、一方は骸骨がずらりとつるされ(死霊術学科じゃ確かに見ないわけじゃない光景だけど気色悪すぎ、明日『ゴスなオネエサマ』の誰かに来てもらって取り片付けてもらおう……とウィチカは言った)、一方は旅支度を納めてある。つまり、死んだカシュクールは冒険者でもあったということらしい。が、ともあれ旅支度の中にもこれといったものはない。

 「……どうも、これっきりだね」
 「まぁ、しょうがないんじゃないの。家は無事住めそうな感じだし。改装と大掃除は明日からということにして今日は帰りましょ。だいたいウィチカ、プロムに間に合わなくなるわよ」
 というわけで二人、掃除道具を家の中に積み下ろし、トトとセセに馬車を引かせて学院に戻る。

 花飾りを取ってくるというアルテアと別れ、ウィチカはひとり部屋に戻った。
 ドアを閉めた瞬間、何かとがったものが背中に触れ、男の声が言った。
 「静かにしろ。振り向くんじゃない。……あの首飾りはどこだ?」
 「……き、昨日の痴漢!?」
 「ふざけてる場合じゃない。あの首飾りは危険だ。素人が持っていていいものじゃない。あれは人が触れてはならないような魔法――いや、魔法は何だって危険なものだが――とにかく危険な魔法のものなのだ。言え、あの首飾りはどこだ?」
 「あの首飾り……って、カスガが昨日買ったお値打ち物のアレよね?……この部屋にはないわ」
 「それじゃその首飾りをつけた娘は」
 「さあ?プロム会場じゃないかしら。だいたい……」

 いいかけたとき、不意に背中に当たっていた尖ったものがふっと離れ、継いで首筋にひやりとした金属を感じた。
 「こっちを振り向け。妙なまねをするなよ……」
 妙なまねしてるのはあんたのほうじゃない、とぶつくさいいながら振り向く。
 目の前にいるのは、黒ずくめの男。黒いフードを目深に被り、覆面で鼻と口を覆っている。厳しい目だけからやっと表情が伺える……が、男はもう極限まで苛立っているもののようだった。

 「繰り返すが、あの首飾りは危険だ。あれを持っていることすら危険だ。あの首飾りの中には邪悪な魔術師の魂が入っている。魔術の禁じられた領域に手を伸ばしたその男は報いを受け、命を失った。だが、その魂は首飾りに隠れ、時至るのを待っていた。……あれを身につけていれば、お前の友人の娘が危険に晒されることは間違いない」
 「……そう?」
 ウィチカは男の目をじっと見た。目の奥にあるのは……確かに、魔術師に対する激しい憎しみ。それ以外に何か隠し立てがあるようには見えない。
 「わかったわ。それでどうしろと?」
 「プロム会場に行って、首飾りの娘を連れて来い。俺はまさかこのなりで会場に乗り込むわけにはいかん」
 たしかにそうね、とウィチカは言い、それから、じゃああなたちょっと後ろ向いててよ、着替えるから、と言った。
 「なんだと!?」
 「あら、あなた、自分はこのナリじゃ会場に入れないとか言っておいて、あたしにはこのホコリだらけの格好でプロムに行けっていうの?」
 「……道理。さっさとしろ」
 男、うんざりした声で答えて壁のほうに向く。
 「それでね、あたし一人だけじゃ心もとないから、あたしの信頼してる友人にもわけを話して加勢を頼みたいんだけど……いいかしら?」
 身体を拭き、髪を梳かし、着替えをしながらウィチカは言う。男、不貞腐れたように頷く。ちょうどその時。
 「ウィチカ、花飾り持ってきたわ!開けていい?」
 「あ、ちょうどいい、彼女のほうからから来たわ。……入ってちょうだい」
 リネンのローブをまとい、花飾りを腕いっぱいに抱えたアルテアを見た瞬間、男は「エルフか!!」と吐き捨てるように行った。
 「ええ、エルフですが何か?……ウィチカ、誰この失礼な人」
 「地に足のつかない、しかも実に気軽に魔法をもてあそぶ軽薄な輩……まぁ、魔法使いの友人じゃあそんなもんだろうが」
 アルテアと男の台損が同時。一瞬視線同士が火花を散らす。
 「ああ、なんだか緊急事態らしいのよね」
 ウィチカが割って入り、手短にわけを話す。

 「そう、それじゃすぐ行かなきゃ。あ、何かあるとまずいから武器は持っていったほうがいいね。ウィチカ、クロスボウをスカートの下に……ああ、やっぱりヘンね。謝恩会用ドレスのほうだったらよかったんだけど今更着替えてられないわよね。それじゃ、スタッフに花飾りつければいいわね……さて、じゃあ、行きましょ」
 男のほうをなるべく見ないようにしながらアルテア、てきぱきと支度を済ませる。花飾りをスタッフに絡ませるのに、ふたつみっつ花を散らしてしまったのは、よほどむかっ腹が立っているせいらしい。

 ともあれ二人、プロム会場に急いだ。
 舞踏会はまだ始まってはいないが、宴のほうはたけなわ。着飾った卒業生達が楽しげに笑い交わしている。
 ……が。

 カスガがいない。誰に聞いても会場では見ていないという。
 「おかしいなぁ……あんなにプロムを楽しみにしていたのに……まさか来てないなんてことは……」
 ウィチカが言った瞬間、アルテアの顔色が変わった。
 「ウィチカ、あなた、カスガのドレスがクローゼットに『ない』こと、確認した!?」
 「全然……まさか!!」
 二人、凄まじい勢いで寮にかけ戻る。なんだ、どうしたと立ち上がる男を半分突き飛ばし、クローゼットを開け放つ。そこにはまぎれもないカスガのイヴニング・ドレスが……

 「あの子、プロム会場に行ってないよ!?」
 「とすると、冒険者小路か!!」
 男の声が跳ね上がる。
 「すぐ行かなきゃ!!ウィチカ、すぐに馬車出して、私は鎧と武器を取ってくるから!!」



このシーンの裏側。
posted by たきのはら at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ第5回『楽しい我が家』その11:荒事大掃除。

 ドアを盾にするように立ちながら、静かにドアを引く。
 フェランが低く唸っている。
 「……大ネズミだわ。なんだか様子がおかしいけど……」流れ込んだ光に照らし出された部屋の中をひと目見て、アルテアは呟いた。
 中にいたのは、大ネズミらしきものに布切れや紙切れが無数に巻きついたもの。いったい何の酔其だろう、と一瞬思ったが、ともあれギィっという叫びはネズミのものに違いなく。
 「ウィチカ、下がってて、フェラン、行くわよ!!」
 スタッフを構えて部屋の中に飛び込むアルテア。どたばたとひと騒ぎ。

 「……噛み付かれたわ。へんな病気をもらってなければいいけど……」
 ネズミの頭を叩き割り、部屋から出てくるアルテアを見た瞬間、ウィチカは悲鳴を上げた。
 ネズミにまきついていた紙切れや布切れがばらばらと解けたかと思うとふわりと浮き上がり、アルテアめがけてとびかかろうとしていたのだった。

 どうやらこの家に「出る」というバケモノのひとつはこれらしかった。迷い込んできたネズミにまきついて絞め殺しては捨てていたのもこれだろう。浮き上がり、ふわふわと舞い踊る紙切れ布切れ。アルテアが振り回すクォータースタッフは、ふわふわの布切れに絡みつかれるばかりで一向に役に立たない。危ないところだったのを、ウィチカのマジック・ミサイルとフェランの牙でどうやら片付けた。
 「なんなのよこれ!!」
 「ラガマフィン、って言うんだと思うよ。布切れや紙切れが魔法の影響を受けると、こんなバケモノができるときがあるんだって……まさかこんなところでお目にかかるとは思わなかったけど」
 「珍しいバケモノなんだ……でも、まだ、いると思ったほうがよさそうね。何しろ魔法使いの家だし。それにしても……」
 ここ、もとはたぶん実験室に使ってたのかしらね。でも値打ちものはやっぱりきれいさっぱりやられた後みたい。ホントにガラクタしか残ってないわ。ウィチカからしたら何か面白いものってある?……ねえ?……ウィチカ!!

 ウィチカに声をかけようと振り向いた瞬間、アルテアは息を呑んだ。
 「実験室」から続く、地下室へと降りるらしい階段の縁で、ウィチカが文字通り固まっていたのだ。何やら怒ったようなびっくりしたような顔をしたまま。
 「ウィチカ!!ウィチカったら……ああもう!!」
 何やら魔法の罠にひっかかったのだろうということは容易に想像が付いた。だが、アルテアが解呪の呪文など知るわけがない。困り果て、しばらく迷っていたが、ついにアルテアはフェランを見張りに残して表通りに走り出した。――ヒキガエルオヤジ、本屋のボンバルのところへ。

 「おやぁ、こいつぁ見事に固まったね。こりゃアレだな、『蛇の縛り』って奴……」
 「何だっていいです、これをどうにかしていただけませんか。お金なら払います」
 「金払うってんなら、そりゃ仕事だが……180gpだぜ?まぁ、ご近所のよしみで場合によっちゃあ……」
 がう、とフェランが唸り、鼻先で、とっとと仕事しろとでもいうようにオヤジをつつく。
 「やれやれ、面白みのない犬コロだなぁ。そんなこっちゃ、お嬢ちゃんが嫁き遅れになるぜ?……はいはい、仕事ね、とっととやりますよ」
 ボンバルが呪文を唱えた瞬間、ウィチカの口が動いた。
 「こんちくしょう高い呪文使いやがって!!」
 え、と固まる二人。それに気付き、一瞬遅れて再度固まるウィチカ。

 「あ……いやその、そこの降り口にアーチがあるじゃない。そこにさ、ドラゴン語で何やらごちゃごちゃ書いてあったものだから、思わず読んじゃったのよね。……そしたら、その『ごちゃごちゃ』の中に呪文が隠してあったみたいで。……それ……罠なんだけど……仕掛けるのに500gpかかるのは知ってたのよね……で、つい……」
 そっちに気をとられて罠にひっかかるってのも珍しいだろうに、と呆れ顔のボンバル。

 本屋が立ち去った後でアルテアがぼそりと言った。
 「実際、高くついたわよ。解呪代、折半でいいけどとりあえず90gp貸しになってるからね」

 ともあれ、その部屋にも値打ちものは何もなかった。本来ならば台所に使うべき場所を、実験室に使っていたというのがようやっと判るぐらい、ガラクタ以外のものは何もなかったのだ。

 地下室はどうも剣呑だというので、一番奥の部屋を先に見ることにした。
 奥へと続くドアにはしっかり鍵がかかっていた。
 そして、部屋の中からは何かが立ち歩く族がはっきりと聞こえた。
 「あー、ウィチカ、クロスボウの準備しておいてね。絶対、『いる』から」
 そう言うアルテアは左手に燃え盛るたいまつ、右手に短槍。布切れお化けが出てきたら焼いてやるわ。家に燃え移っても大丈夫、水の呪文は用意して来てあるし。
 そして
 「すみませんー、家、明け渡してもらいに来ましたー。ここ、開けてくださいー!!」
 返事なし。
 「すみませんー、開けてくれないのなら開けますよー」
 がんがんとドアノブ周りを短槍で殴りつける。途中でドアノブが壊れ、毒針が飛び出す罠が仕込まれていたのが判ったが、まあそこはそれ。ともあれ、さんざん殴りつけると鍵の部分が壊れ、さらにドアを槍の柄で奥に押しやると、ゆっくりとドアは開き始めた。

 待っていたようにラガマフィンが飛び出してきた。こちらの素材はコートや帽子といった衣類。生地が丈夫な分、相当に手ごわい。
 ともあれ、それなりに手間取ったが、クロスボウにたいまつ、短槍にフェランの牙の波状攻撃で片付けてのけ、奥に踏み込んだ。

 奥には何やら魔方陣らしきもの。
 そして、その脇に倒れているやせこけた屍骸。
 そして、他には何もない。

 「あー……これはどうも、私達の手にはあまるねえ。人を呼ぼうか」
 呼ばれてやってきたメルラは、「すっかり骨と皮になっちまってるからよくわからないけど、カシュクールの屍骸かもしれないねえ」と言った。また、魔方陣のほうは、ボンバルに言わせると「ろくでもねえもん」を呼び出そうとした跡だったらしい。
 「あー、何を呼んだのかって?ろくでもねえもんだよ、ろくでもねえもん。お嬢ちゃんはこれからここに住むんだから知らんほうがいい。あとな、この魔方陣はよく消しとけよ。間違った魔方陣でうっかりしたことしちゃあ、そりゃかなわねえやって見本にするならともかく」

 どうも、魔方陣の一箇所が「まちがって」おり、それで呼び出されて出てきた「ろくでもねえもん」が「俺の昼飯時を邪魔したのはお前か、くだらねえことしやがって」とばかりに魔方陣の穴からひょいと手を出してカシュクールのイノチだかタマシイだかを攫っていってしまったものだろう、というのだった。
 
 ついでにボンバルは裏口や勝手口が魔法で動かなくされているのを見つけ、これの魔法も解いてやろうかといってきたのだが、それは丁重にお断り申し上げた。

 ともあれ、カシュクールの死体を事故死ということで市警に引き取ってもらい、地上部のほうは一段落といったところ。メルラには錠前屋を呼んで窓の鍵を直すよう手配してもらう。そのことを話していたら、ボンバルが「泥棒といやぁ、死体から泥棒した奴もいるって事だなぁ。カシュクールがいつも後生大事にかけてた首飾りがなくなっているから」と言っていたのも気になるといえば気になるところ。何しろ、聞き出した首飾りの特徴というのが、昨日カスガが買った首飾りとそっくりなのだ。よほど盗んだのはボンバルではないかと思っていろいろ鎌をかけてさえみたのだが、そのあたりは一向に手ごたえが感じられない。

 ……さて。
 来てもらった人たちもみんな引き上げたことだし、次はいよいよ地下か。



 このシーンの裏側。
posted by たきのはら at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡る世間は竜ばかり〜細腕繁盛記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。